お風呂のシンドーはゆとりある暮らしを創造するお風呂・水・お湯の専門家です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レジオネラ菌情報】川棚温泉元湯ぴーすふる青竜泉の男湯からレジオネラ菌検出、1人発症 /山口
 下関市は18日、豊浦町の「川棚温泉元湯ぴーすふる青竜泉」の男湯から基準を上回るレジオネラ菌を検出したと発表した。同施設を利用した60代の男性1人がレジオネラ症を発症したが、快方に向かっているという。同施設は17日から営業を自粛している。市生活衛生課によると、今月9日までに同施設を利用した男性が発熱などのレジオネラ症を発症。このため、11日に下関保健所が立ち入り調査したところ、男湯の内湯と露天風呂の浴槽水から基準の4~7倍のレジオネラ菌を検出したという。既に浴槽の清掃、消毒を済ませており、菌が基準を下回れば、週明けにも営業再開を認めるという。
毎日新聞 2012年04月19日 地方版


ここ最近ではニュースになるレジオネラ検出菌数は非常に少ない数値だと思います。今回も40~70CFUとのことですね。数年前なら数千~数万といった検出数も報じられていましたが、その頃に比べるとどの施設様もレジオネラ菌対策に真剣に力を入れていらっしゃることが分かります。ただし、わずかな数値でもこのように感染被害が疑われる場合がありますので、施設の方にはぜひご注意いただきたいと思います。

熊本のレジオネラ菌対策・配管洗浄ならこちら!
スポンサーサイト
【レジオネラ菌情報】レジオネラ菌検出の「いこいの里」、指定管理者が撤退-串間 /宮崎
 レジオネラ菌の検出が判明し、現在営業を停止している串間市の温泉施設「串間温泉いこいの里」について、指定管理者のMKホールディング(宮崎市)が今月末までに運営から撤退することが20日、分かった。市によると、18日に同社から口頭で「営業を再開する経営体力がない」との説明があったという。いこいの里では、昨年9月と12月に、ヒノキ風呂などから県が定める基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたが、同社が保健所への報告を怠り、今月6日から営業停止となっていた。施設の洗浄には約400万円が必要で、同社には負担するだけの資金がないという。市は今後、直営も含めて新たな管理業者を探す方針。営業再開のめどは立っていないという。
毎日新聞 2012年04月19日 地方版


施設の規模にもよりますが、徹底的な対策を講じる場合には今回のように高額な費用がかかることもあります。レジオネラ菌対策は日々の管理・定期的な洗浄作業という「予防」としての作業が非常に重要です。ぜひご計画下さい。

熊本のレジオネラ菌対策・配管洗浄ならこちら!
【レジオネラ菌情報】富士市社会福祉センター広見荘浴場の使用再開/静岡県
社会福祉センター広見荘浴場の定期水質検査の結果、基準値を超えるレジオネラ属菌が検出されたため、浴場の利用を休止しておりましたが、消毒の徹底や設備の再点検を実施し、2度の水質検査を実施したところ、いずれも検出されなかったため、4月1日から浴場の使用を再開いたしました。

 市民の皆様には、ご心配とご不便をおかけして誠に申し訳ありませんでした。
富士市HP


広見荘も営業再開されたようで本当によかったと思います。こちらは2/28から浴場の利用を休止されていたようで、およそ1ヶ月間の休止となったようです。今後もしっかりとした衛生管理対策を実施されることと思います。

熊本の配管洗浄・レジオネラ菌対策ならこちら
【レジオネラ菌情報】串間の施設レジオネラ菌基準値2~16倍、運営休止/宮崎
串間市は6日、同市本城の温泉宿泊施設「串間温泉いこいの里」の温泉水から、国の基準値(100ミリ・リットル当たり10個未満)の2~16倍のレジオネラ菌を検出したと発表した。運営する指定管理者は昨年9月の検査で把握しながら、保健所への報告を怠っていた。健康被害の報告はないが、市は当面の間、運営を休止する。

 温泉施設は串間市の所有で指定管理者のビルメンテナンス業・MKホールディング(宮崎市)が運営。昨年9月の検査で源泉をためるタンク2か所から100ミリ・リットル当たり20個と160個の菌を検出したという。

 県の条例で基準値を超えるレジオネラ菌を検出した際は保健所への速やかな届け出が義務付けられているが、同社は報告しなかった。タンクは消毒後、同10月の検査で基準値を下回る結果が出たが、同12月にはヒノキ風呂1か所から40個を検出したという。

 今月3日に同社が日南保健所に提出した年度末報告で菌の検出が発覚。同保健所は4日、温泉施設を立ち入り調査して、同社に再検査を指導した。串間市は福祉保健課に相談窓口(0987・72・0333)を開設して午前8時半~午後7時に受け付ける。

 串間温泉いこいの里は1996年にオープンし、昨年の利用者は19万人だったという。
(2012年4月7日 読売新聞)


熊本のおとなり、宮崎県の施設での検出です。宮崎県は過去に大きなレジオネラ菌事故が発生したことがありますが、その際の検出数と比べればかなり少ない数ではありますが、やはり基準値を少しでも超えてしまうと緊急の休館をともなうメンテナンス作業が必要になる場合があります。レジオネラ菌対策は予防が第一ですので定期的な配管洗浄等の作業をご計画いただきたいと思います。

熊本のレジオネラ菌対策・配管洗浄ならこちら

【レジオネラ菌情報】ふれあいセンター「ながみね」営業再開 /茨城県
ふれあいセンター「ながみね」プールの使用再開について
 ふれあいセンター「ながみね」の15mプールにつきましては,レジオネラ属菌の検出により3月18日(日)から使用を中止しておりましたが,3月18日(日)から20日(火)にかけて消毒・清掃等を実施し,3月21日(水)に水質検査を行ったところ,3月27日(火)に「レジオネラ属菌不検出」という結果が出ました。つきましては,3月28日(水)午前9時よりプールの使用を再開いたします。
 利用者の皆様には,多大なご心配とご迷惑をお掛けし,大変申し訳ありませんでした。
 今後は,衛生管理の徹底に努めてまいりますので,何卒ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。
富士市HP 2012年3月27日掲載


営業再開されたとのことで本当によかったと思います。レジオネラ菌検出後すぐに循環配管の配管洗浄等の対策を実施されたと思いますが、水質検査の結果判定に時間がかかりますので10日間の休業となったようですね。今後は万全の衛生管理対策を実施されることと思います。

熊本の配管洗浄・レジオネラ菌対策ならこちら
【レジオネラ菌対策】レジオネラ感染症の特徴
レジオネラ症に感染した場合、次のような特徴が見られます。

●臨床症状では、他の細菌性肺炎との区別は難しい。
●レジオネラ肺炎は、病勢の進行が早く、致死率の高い感染症
① 2~10日(平均4~5日)の潜伏期
 ②数日のうちに、痰の少ない咳、粘性痰、胸痛・呼吸困難などが現れる。
③発症早期は、悪寒、高熱、全身倦怠感、頭痛、筋肉痛、下痢などの全身症状
④腹痛、水溶性下痢、意識障害、 歩行障害を伴う場合もある。
 ⑤進行は速く、症状は日を追って重くなる。 
 ⑥有効な抗生剤療法が間に合わないと、致死率は60~70%。
 ⑦死亡例は発病から7日以内が多い。 
●高齢者、男性、喫煙者、糖尿病、慢性呼吸器疾患を有するものは、罹患しやすい。
●レジオネラ症の感染防御は、細胞性免疫が担っているので、免疫能の低下した
  人は発症しやすい。 病原性はそれほど強くないので、暴露量と宿主の免疫
  状態が発症を左右する。

発症してしまうと恐ろしいレジオネラ菌、定期的な配管洗浄等の予防が大切です。

熊本のレジオネラ菌対策・配管洗浄ならこちら!
〒862-8006 熊本市龍田7丁目1-72 TEL:096-337-1500 FAX:096-337-1479
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。