FC2ブログ
お風呂のシンドーはゆとりある暮らしを創造するお風呂・水・お湯の専門家です。
【レジオネラ菌対策】レジオネラ菌の単位
入浴施設では定期的に浴槽水の水質検査を実施されています。基準ではレジオネラ菌の数は10CFU以下であること、となっていますが、この「CFU」とはなんでしょうか?これはレジオネラ菌を計測する際の単位でColony Forming Unit(集落形成単位)の略なのです。微生物の細胞は、ひとつの細胞が分裂を繰り返して指数関数的に増殖し、培地上に目に見える小さな集落を形成します。この集落をコロニ-(colony)といい、「CFU」は細菌が増殖して出来るコロニ-の形成単位のことです。レジオネラ属菌は、専用のレジオネラ属菌選択培地で細胞分裂を繰り返してコロニ-を形成するのです。

熊本のレジオネラ菌対策・配管洗浄ならこちら!
〒862-8006 熊本市龍田7丁目1-72 TEL:096-337-1500 FAX:096-337-1479