FC2ブログ
お風呂のシンドーはゆとりある暮らしを創造するお風呂・水・お湯の専門家です。
【レジオネラ菌情報】川棚温泉元湯ぴーすふる青竜泉の男湯からレジオネラ菌検出、1人発症 /山口
 下関市は18日、豊浦町の「川棚温泉元湯ぴーすふる青竜泉」の男湯から基準を上回るレジオネラ菌を検出したと発表した。同施設を利用した60代の男性1人がレジオネラ症を発症したが、快方に向かっているという。同施設は17日から営業を自粛している。市生活衛生課によると、今月9日までに同施設を利用した男性が発熱などのレジオネラ症を発症。このため、11日に下関保健所が立ち入り調査したところ、男湯の内湯と露天風呂の浴槽水から基準の4~7倍のレジオネラ菌を検出したという。既に浴槽の清掃、消毒を済ませており、菌が基準を下回れば、週明けにも営業再開を認めるという。
毎日新聞 2012年04月19日 地方版


ここ最近ではニュースになるレジオネラ検出菌数は非常に少ない数値だと思います。今回も40~70CFUとのことですね。数年前なら数千~数万といった検出数も報じられていましたが、その頃に比べるとどの施設様もレジオネラ菌対策に真剣に力を入れていらっしゃることが分かります。ただし、わずかな数値でもこのように感染被害が疑われる場合がありますので、施設の方にはぜひご注意いただきたいと思います。

熊本のレジオネラ菌対策・配管洗浄ならこちら!
〒862-8006 熊本市龍田7丁目1-72 TEL:096-337-1500 FAX:096-337-1479