FC2ブログ
お風呂のシンドーはゆとりある暮らしを創造するお風呂・水・お湯の専門家です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消毒液流出:宮崎市の温泉施設から 川の魚が大量死 /宮崎
 宮崎市は11日、同市高岡町小山田の温泉施設「高岡温泉やすらぎの郷」から、消毒に使用する次亜塩素酸ソーダ835リットルが近くの川に流出し、魚が大量死したと発表した。市は夕方の測定で「人体に影響のないレベルまで希釈された」とし、住民の健康被害はないとしている。
 市高岡総合支所によると、施設の指定管理者は宮交ショップアンドレストラン社で、同日午前11時40分~午後0時20分ごろ、従業員が温泉の消毒に使う次亜塩素酸ソーダを保管タンクに注入する際、バルブの操作を誤ったという。近くの瓜田川に流出し、午後3時ごろ、コイやフナなど400匹以上が死んでいるのが見つかった。
毎日新聞 2012年06月12日 地方版


835リットル=およそポリ缶40缶分もの次亜塩素原液が川に流出したということですね。瓜田川の環境への影響が心配されます。入浴施設の衛生管理に欠かせない存在の塩素剤ですが、取扱いを間違えるとこのような事故にもつながります。みなさんぜひご注意ください。

熊本のレジオネラ菌対策・配管洗浄ならこちら
〒862-8006 熊本市龍田7丁目1-72 TEL:096-337-1500 FAX:096-337-1479
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。