お風呂のシンドーはゆとりある暮らしを創造するお風呂・水・お湯の専門家です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レジオネラ菌情報】英エディンバラのレジオネラ菌感染、死者2人に/英
英エディンバラのレジオネラ菌感染、死者2人に

英スコットランドのエディンバラ(Edinburgh)でレジオネラ菌感染が広まっており、地元保健当局によると15日までに2人が死亡した。すでに56歳男性が死亡していたが、15日までに新たな死亡例が報告され死者は2人となった。保健当局職員によると2人目の死亡者は40代男性で、レジオネラ菌に感染する前から重度の病気を抱えていたという。感染確認例が41件、疑わしい例が48件報告されており、重症の10人が集中治療を受けている。英政府の衛生安全委員会事務局とエディンバラ市当局が発生原因を調査中で、これまでに市南西部にある工業用冷却塔が重点的に調査された。この冷却塔に関して蒸留酒製造所と製薬会社に改善通告が出されているが、当局はレジオネラ菌の感染源と確定したわけではないと説明している。
 スコットランドのニコラ・スタージョン(Nicola Sturgeon)保健相は感染のピークは過ぎ、患者はこれ以上増えないとみられるが今後も監視を続けると述べた。レジオネラ菌を含んだ水滴を口から吸い込むことで感染する。人から人への感染は確認されていない。【6月18日 AFP=時事】


2人死亡10名重症と、本当に残念な事故になっています。今回の件では原因として考えられるのは「工業用冷却塔」=クーリングタワーが疑われているようです。レジオネラ菌感染の主な原因は今回のようなクーリングタワーか入浴施設である場合が本当に多いです。レジオネラ菌を混入した水の飛沫が口から肺に入り症状を引き起こします。

熊本のレジオネラ菌対策・配管洗浄ならこちら
【レジオネラ菌情報】水晶の湯:レジオネラ菌検出 あすから再開--海津市 /岐阜
海津市は、レジオネラ11件菌が検出されたため営業を休止していた南濃温泉「水晶の湯」を14日に再開すると発表した。基準の70倍の菌が検出され、5月19日から営業を取りやめていた。清掃や消毒、配管洗浄などを行い、5月25日に水質検査を行ったところ菌は検出されなかったという。同施設では、浴槽からあふれた湯を回収槽にいったんため、消毒、殺菌して再利用しており、回収槽の汚れが原因とみられる。回収槽の清掃は年2回だったが4回に増やす。
同時に利用を停止していた道の駅「月見の里南濃」の足湯は、タイルの張り替えなどの改修工事を行っており、水質検査の結果が確認され次第、再開する。
毎日新聞 2012年06月13日


オーバー水を回収して再利用するというシステムは珍しくはないのですが、衛生上問題がある可能性が高いため最近ではあまり取り入れられなくなっているようです。どうしてもオーバー水回収が必要な場合は徹底的な管理が必要だと思われます。


[続きを読む]
【レジオネラ菌情報】いこいの里に4400万円 串間市、議会提案へ/宮崎
串間市は29日、レジオネラ菌検出を受け営業を休止している同市本城の串間温泉いこいの里について、再開のための費用約4400万円の補正予算案を6月4日開会の市議会定例会に提案することを明らかにした。同日市役所であった定例会見で、野辺修光市長が説明した。
宮崎日日新聞 2012年5月30日


串間市の関係者も大変なご苦労だと思います。もとはといえばレジオネラ菌検査で基準値の2~16倍の検出があったことが引き金と思われますが、対策としての予算にここまで大きな金額がかかるとは驚きです。このような場合もありますのでぜひみなさん予防対策をご検討ください!

熊本のレジオネラ菌対策・配管洗浄ならこちら!
【レジオネラ菌情報】主要公衆浴場・旅館入浴施設の約3割が条例違反 県、指導体制強化の方針 /鳥取
県内の主要な公衆浴場や旅館の入浴施設を県が抽出調査した結果、約3割の施設で水質検査の未実施や浴槽水の交換の不徹底など、浴場に関する条例違反があったことが明らかになった。県は水質検査の実施報告を条例で新たに義務づけ、指導体制を強化する方針。一方で、経営者から「厳しすぎる」との声が多かった浴槽水の入れ替えについては、条件を緩和する方向で条例の改正に動き始めた。【田中将隆】
 調査は昨年12月~今年3月にかけて、公衆浴場を持つ県内全域の148施設を対象に実施。県公衆浴場法(旅館業法)施行条例の内、浴場の水質・管理基準を定めた何らかの条文を約3割の施設が守っていなかった。具体的には▽水質検査を怠った(19%)▽浴槽の水を毎日交換しなかった(10%)▽衛生措置の点検表を作成し、3年以上保管していなかった(20%)--など。
 条例では、水質検査について、循環式は年2回以上、その他のかけ流しなどは年1回以上、実施するように定められている。ところが、これまでは、菌の発見などで「不適合」となった場合にのみ、知事への届け出を必要としていたため、検査をしなくても県の指導が入る心配はなかった。
 また、浴槽水は毎日、完全に新しいものに交換する(循環式は週に1回以上)ように定められていた。これに対して、経営者から「(水量の問題から)時間や手間がかかりすぎ、入浴時間が制限されてしまう」などの意見が上がったため、消毒などで衛生を確保している場合は、毎日取り換える必要はないとする条文に改正するという。
 県内では近年、年に2~3回、公衆浴場が発生源と見られるレジオネラ症の感染事例が報告されているため、県が危機意識を高めていた。レジオネラ症は高熱や意識障害をもたらし、最悪の場合、死に至ることもあるとされる。今年1月には、米子市内の公衆浴場施設を利用した男性客がレジオネラ症を発症。県の調べで浴槽水からレジオネラ属菌が検出され、同施設は営業停止処分になった。
 県は条例の改正に向け、今月末から営業者などから聞き取りを始め、5月中にもパブリックコメントを行い、問題がなければ、県議会に改正案を提出するという。
 県旅館ホテル生活衛生同業組合の中島守理事長は「我々も襟を正す必要があるが、県の指導の不徹底もあるだろう。衛生の確保が重要だという認識は県と同じなので、今まで通りしっかりと取り組んでいきたい」と話している。
毎日新聞 2012年04月26日


報道などを見ていても思うのですが、レジオネラ菌に関する各都道府県の担当部署及び保健所の指導・対応にはかなり温度差があるのではないでしょうか。もしそうなら厳しく管理・公表する県ほど「レジオネラ菌」の印象が強くなるばかりとなりますし、万が一、保健所の指導が消極的な地域があれば「レジオネラ菌」の印象はなくても実際は…、などという状況も起こるかもしれません。
各施設の衛生管理ご担当者様はきっと必死になって「安全なお風呂」と「本物のお風呂」のイメージの両立に努力されていることと思います。保健所の方も真剣にご指導されていると思います。

熊本の配管洗浄・レジオネラ菌対策ならこちら


【レジオネラ菌情報】熱海の温泉入浴施設から検出 /静岡
 熱海市の60歳以上の高齢者と障害者が無料で利用できる市総合福祉センターの温泉入浴施設から、基準値の2倍のレジオネラ菌が検出された。施設は20日から約1カ月間閉鎖され、市は配管や浴槽内の消毒を行う。2カ月に1回実施している定期検査で判明した。レジオネラ菌は吸引すると肺炎に似た症状を引き起こす。熱海保健所などによると「2倍程度では、ほとんど肺炎を引き起こすことはない」という。
毎日新聞 2012年04月21日 地方版


この記事では感染被害者が発生したかどうか不明ですが、20CFUの検出によっておよそ1ヶ月も休館してしまったようですね。本当に残念です。この記事によると保健所の発言として「2倍程度では、ほとんど肺炎を引き起こすことはない」ということのようですが、危険性がないのであれば基準値を見直したらどうか、とも思うのですが、いかがでしょうか。

熊本のレジオネラ菌対策・配管洗浄ならこちら!
〒862-8006 熊本市龍田7丁目1-72 TEL:096-337-1500 FAX:096-337-1479
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。